2010年05月28日

サッカー日本代表も七転び八起き!?(産経新聞)

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を控え、だるまの産地・群馬県高崎市の「大門屋物産」では日本代表のユニホームをデザインした青いだるま作りがピークを迎えている。

 工房には青色に塗り上げられた数百個のだるまが並び、職人らが注文に応じて選手の背番号や名前、応援メッセージを書き込んでいる。

 だるまは高さ17センチで、価格はW杯の開催年にちなんで2010円という。

【関連記事】
俊輔、別調整…岡田JAPAN不安な船出
岡崎「ハイジになった気分」 選手だけのミーティング計画も
トルシエ氏「オランダに絶対勝てない」
発言と古傷 どっちも危険な闘莉王爆弾
本田「腹を割って」遠藤らと話し合った!

福岡県議会に女性議長 史上初の田中秀子氏(産経新聞)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
<サンゴ>和歌山・白浜沖に 、「しららサンゴ群集」と命名(毎日新聞)
posted by アサカワ シズカ at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)

 2070枚のポロシャツを使い、印象派絵画の巨匠、ゴッホの「自画像」を再現した「洋服モザイクアート」が11日、東京駅前の丸ビル1階(東京都千代田区)にお目見えした。鮮やかな色彩が同ビルを訪れる人たちを楽しませている。

 縦10メートル、横10メートル。1889年に制作された原画を手本に、板の上に24色のポロシャツを並べ、微妙なグラデーションも表現した。アパレル会社「オンワード樫山」(本社・東京都)が始めた絵画の色彩を洋服に取り込むキャンペーンの一環で、16日まで展示される。【永田晶子】

【関連ニュース】
ペーパーショウ:紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催
ファーマーズ・マーケット:ビジネス街で特産品PR 東京・丸の内で開催
青空市場:国産食材、ビジネス街から発信 丸の内で販売
竹尾ペーパーショウ:東京「丸ビル」で開催
チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出

車3キロ引きずり死で被告「人として最低」改めて謝罪(産経新聞)
<医師法違反>偽医者を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手(毎日新聞)
捜査員に「昔ながらのNK流だよ」 客引き容疑で男を逮捕(産経新聞)
乳児虐待、父親に有罪 大阪地裁堺支部判決「卑劣な犯行だが反省」(産経新聞)
死亡女性、DV被害を相談=元夫から聴取−静岡県警(時事通信)
posted by アサカワ シズカ at 03:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。