2010年06月16日

<スポーツ基本法案>自公が再度衆院に提出(毎日新聞)

 自民、公明両党は11日、国家戦略としてスポーツ施策を推進する国の責務などを明記した「スポーツ基本法案」を衆院に提出した。しかし、民主党が来年の通常国会で同様の法案提出を目指しているため同意を得るのは難しく、廃案になる見通し。スポーツ基本法案を巡っては、昨年7月にも当時与党だった自民、公明両党が議員立法で衆院に提出したが、廃案になっている。

明大での「ザ・コーヴ」上映会中止(時事通信)
はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
内田裕也、蓮舫行政刷新相にエール「ロックの魂を感じる」(スポーツ報知)
牛・豚肉卸値、平年並み=口蹄疫、影響せず―農水省調べ(時事通信)
強姦未遂容疑で教諭を逮捕=出会い系サイトで知り合う―佐賀県警(時事通信)
posted by アサカワ シズカ at 11:26| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

茨城空港 上海便、7月末に就航…春秋航空と県が合意(毎日新聞)

 茨城県は6日、中国の格安航空会社「春秋航空」と、茨城空港(同県小美玉市)に上海便を7月末から就航させることで合意したと発表した。

【写真で見る】茨城空港:開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目

 県空港対策課によると、春秋航空は9月末までの約2カ月間、週3便程度のチャーター便運航を行い、利用状況などを見極めて定期便就航を目指す。同日、橋本昌知事と春秋航空の王正華会長が上海市内で記者会見し就航合意を発表。橋本知事は「経済発展の著しい中国との間の旅客需要は今後も一層の伸びが予想される。上海便を大いに発展させていきたい」とコメントした。

 春秋航空は04年に中国初の格安航空会社(LCC)として設立。現在、中国国内で約40路線を運航しており、初の国際線就航となる。【鈴木敬子】

【関連ニュース】
【ニュースがわかる】増える空港 かさむ赤字/1 狭い国土に98
橋本知事:茨城空港の就航交渉 あすから上海を訪問 /茨城
スイーツマップ:茨城空港周辺20店舗紹介 小美玉市利用促進協議会が作製 /茨城
直行バス:茨城空港−東京駅 27日から運行

<文芸家協会>理事長に歌人の篠弘氏(毎日新聞)
囲碁 穏やかな序盤戦に 本因坊第3局始まる(毎日新聞)
仙谷氏「身震いする気持ち」(時事通信)
アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(読売新聞)
桂歌丸さん 肺疾患予防検討会の委員に(毎日新聞)
posted by アサカワ シズカ at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。